バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
基本的なシュートの確率アップの方法は、
まず正しいフォームで打つということ。

ただ正しいフォームで打つと言っても・・・


ただ正しいフォームで打つと言っても
それぞれの個性があって、
どれが正しいとは一概に言えない。

それぞれのこだわりがあって、
それが自分に合っていればいいのだと考える。

シュートフォームの基本的な考え方は、
体のバランスがいいかということである。
誰が見ても「入らないだろう」と感じるフォームでは
やはりシュートは入らない。

正しいフォームを固めるというのが第一前提である。

ある程度正しいフォームを持っていれば、
シュートの確率上げる、安定度上げるには、
シュートの微調整で確率は上がるであろう。

フォームが固まる前の初期の段階では、
自分に合ったバランスのいいシュートフォームの
習得を目指すことが必要である。

ただ、シュートは練習すればどんなフォームでも
確率は上がってくる。
しかし、不調になった場合に復調するのに
時間がかかるように感じる。
また、試合の苦しい場面、重要な場面での
決めれる確率も低くなる傾向があると考える。

シュートの確率を上げるにはシューティング
(シュート練習)が不可欠です。
チェックポイントは全体のバランスを見ること。
自分で見れないので、指導者に見てもらうことが必要。
また、ビデオなどを利用してチェックすることも大切。

シュートは手先だけで打つものではなく、
下半身から手先まで連動して打たれるべきであり、
見るからにそのバランスが取れていることが大切である。

チェックのポイントは・・・・
まずは手打ちになっていないか。
スタンスは正しくとれているか。
スタンスの重心が程よく前にかかってるか。
投げたあとに身体が流れないか。
ボール正しく持っているか。
ボールにスピンをかけているか。

などなど、たくさんの項目が考えられる。
そのどれかひとつが欠けることによって
シュートは入らなくなると考えていい。

フォームの一番のポイントは
シュートフォームにストレスがかかっていないこと。
無理なフォームでないということです。

自然体で打てることが大切です。

そのフォームを手に入れるためには、
正しいシュートの打ち込みが必要です。



  ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ



2014/02/02 11:41|シュートの上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/464-6af567ba
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。