バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールの楽しさは
やっぱりシュートを決めること。

だから、シュートを上達させる努力は楽しい。




ボールコントロール、ハンドリングが良くなれば
シュートは入りやすくなる。
しかし、あくまでそれはシュート練習時のことでは
ないだろうか?

バスケットボールは、ワンプレーごとに区切って
プレーする競技ではない。
ゆえに、ミートしてシュートすることが必要に
なってくるのである。
動き回ってからのシュート。
まるで、動から静のような動きになる。

ボールミートからジャンプシュート。
スピードと高さを活かしてシュートすることが
必要である。


ポイント①

-迷わずに打つ。迷わないから入る。-

迷いがあったり、集中力がないシュートは、
ポイントが定まらずフォームも崩れやすい。
単にボールを投げるというのでシュートではない。
狙って打つ。入れるために打つ。
そのためには迷わないこと。
そして迷わないためには、状況を先読みすること
が大切である。

ポイント②

-ミート、ステップ、ジャンプ、そしてシュートする。-

得意なパターンをつくりだして、
その状況で迷わずにシュートを打つことを徹底する。
一連の動きの中で重要なのは「ストップ」である。
ストップができないと、その後の動きはバラバラになる。
ストップからジャンプへ・・・
この時身体が前に流れたり、空中でバランスを崩すようでは
シュートを打てる体勢がとれていないと言える。

ポイント③

-実戦の感覚で練習する-
-練習と試合の違いはスピードである。-

まず得意なパターンをつくり、ミート、ストップ、ジャンプが
しっかりとできるようにする。

実戦ではディフェンスも必死である。
日ごろの練習でのディフェンスとは少し違ってくる。
動きや対応も想定しにくくなる。

実戦では、ミート前の動きやストップしてフェイクを
入れる動きとか、ディフェンスを振り切る動きも必要になる。
それもトップスピードで行う必要がある。

日ごろの練習で全力で走り、跳び、打つということを
実践しなければ、いいシュートは打てません。

つまり、全力でプレーすることを練習からはじめれば、
必ず実戦で役立ち、結果に結びつけることができる。

さあ、今からはじめよう。





 ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2014/02/23 18:16|シュートの上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/467-9449cf07
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。