バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ディフェンス ~抜かれることを防ぐ~


ディフェンスがドルブルで抜かれないためには
ボールを持っているが相手が「抜く」という
足をリングに踏み出す時に・・・






ディフェンスはオフェンスの両足を結ぶ線と
ほぼ平行になるように両足の位置取りを
しなければならない。

そして、オフェンスがふみ抜いた足を
リングを結ぶ線よりディフェンスの引き下げた足が
外にでなければならないことになる。

この足の位置がディフェンスがオフェンスと
同じ方向へ動くという準備になる。
その方向へスタートすればディフェンスの方が
有利になれる条件をつくりだしている。

チームディフェンスの強弱は個人技術の
優劣、強弱のよって決定される。
足の動きを制御できれば、ディフェンスは有利になる。

個人のディフェンス技術や基礎技術は
すべて身体や手足の動かし方に関する技術である。
このことから、身体や手足の動かし方に関する技術を
フットワークというならば、
チームディフェンスの強弱は、そのフットワークの
強弱、優劣によってほぼ決定される。

フットワークは単独で動かし方を
憶えただけでは意味を持たない。

そのフットワークが有効になるためには
フットワークを速く、強く、長く、できるようにする。
それは脚力の強化で実現できることが可能になる。

ディフェンスのフットワークは、
その選手の脚力によって、強くなるか弱くなるかが決まる。
脚力をより強化できるフットワークドリルこそ
ディフェンスの強化には必要になる。







 ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2014/03/11 22:07|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/469-a7813531
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。