バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

攻撃

何かをしそうだとか、別の何かをしてくるのではないか、
と相手に思わせることは、重要なスキルである。

それは個人レベルとチームレベルで考えられる。


個人レベルでの相手を出し抜く能力は、
卓越したフットワークで生み出されると考える。

しかし、それは、まず考えて
それをパフォーマンスできなければならない。

何かを行うチャンスはほんの一瞬しか訪れない。
それゆえ、様々なチャンスに対して瞬時に
対応する能力が欠かせない。

考えれ間に身体が止まってしまっては
反応が遅くディフェンスに抑えられてしまう。

バスケットボールは反応で勝負する。
チャンスは一瞬だ。
そのチャンスを活かせない時というのは、
ミスという感覚にはならない場合が多い。

つまり、反応が遅くチャンスを失ったかどうかは、
意外と認識されないミスである。
チャンスの損失というべきかもしれない。

また、チャンスを一瞬にして作り出すこともできる。
それは、フェイクとフェイントという動きによって
作り出せる。

また、その機会は、ボールを持っている者と
ボールを持っていない者の両者に当てはまる。

そして、良いフェイクとは、
いつでも何種類かの素早い動き、
つまり、パス、シュート、ドリブル、ステップ、
ターン、スクリーン、ピボット、カッティング、
その他の有益な動きにつながる。

フェイクは、ボールによるものはもちろん、
それよりも、体をつかったフェイクを強調したい。
それは、頭、身体全体、肩、足、そして目。

ボール以外のフェイクは、当然ボールを持っていない者にも
適応できるフェイクであり有効である。


では、どんなことに留意してフェイクすればよいか・・・


〇コートでの自分のポジションはどこか

〇ボールを保持しているか

〇ボールはどこにあるか

〇ボール保持の味方のパス力、シュート力は

〇自分の得意なプレーは何か

〇自分のオフェンス力はどのくらいか

〇自分のマークマンのディフェンス力は

〇相手のディフェンスシステムは

などなど多くの事を考慮しなればならない。


常に判断し、準備し、考えながら

何が必要かを意識しながら、バスケット力を磨こう。



 ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ



2014/04/06 21:32|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/473-c95fac50
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。