バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
高校総体の地区大会の観戦をして
感じたことは・・・


チームによって取り組んでいるものが
大きく違うということ。
何をやろうとしているのかわからないチームは
負けることになる。

相手なウイークポイントが誰が見てもわかるのに
それを攻めないのは、いかがなものか?

選手の表情や動きに躍動感がないのは、
いかがなものか?

バスケットボールを楽しいでほしい。
しかし、それをできていないチームはいかがなものか?

試合で弱くて勝てないのは仕方がないことである。
しかし、いい選手がいて勝てるチームが
勝敗よりも、覇気のないプレーをしているのは
非常にかわいそうである。

そう感じたのは、自分だけだろうか?

ただ、練習をして、目標ももたずに時間を消費している
チームでは、選手の技術、体力、戦略を現状維持はできても、
何も生み出さないのではないだろうか。

練習とは、目標をたたて、そのために努力して
技術、体力、戦略をプレーしようとするチームは
おのずと活気にあふれている。

チームが目指すものは、指導者によって導かれる。
そして選手の努力によって結実する。

これこそ、スポーツの目指すべきものである。
この原点を忘れてはならない。

消化するだけの練習では、現状維持ぐらいが限界。
しかし、目標をもって成長を求める連取では
個々の成長とチームの成長と達成感による
前向きな姿勢が手にいれることができる。

スポーツは勝負事ではあるが、
結果だけを求めては何の意味もない。

やはりプロセスこそが大切である。
目標をもった練習、あきらめない気持ちの育成、
成長を実感した達成感。

わかりきったことではあるが、簡単ではない。

私は、試合の結果よりも、
そんなチームの取り組みの成果を見たいのである。



 ↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ




2014/05/11 17:37|バスケ雑記TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/477-0e19c584
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。