バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

守備力

得点力か?守備力か?
やはり、バスケットボールの醍醐味は
得点力!

しかし、勝利のかげには、
優れた守備力があることを忘れてはならない。


チームへの貢献は、得点を取ることだけではない。
相手のエースを止めることができて、
得点されなければチームにとって優位であるに違いない。

まずは、1対1の守備力について考える。

できるだけスライドステップで対応できるようにする。
そして、ポイントはスライドステップで踏み出す足の
つま先をあまり開かない。こと。

これは、相手がドリブルチェンジし
切り替えした時に
後ろ足をひかなければならない。
そのときにバランスを崩しやすいのである。
自然に、開いたつま先を閉じているはずである。
その時のコンマ何秒の動きは無駄である。

また、相手がドリブルチェンジで切り替えした時に
上手に対応するために上半身もうまく使いたい。
後ろ足を引くときに、同じ側の肘も同時に引くと
素早く体を回転させることができる。

次にスチールはいつ狙うのか?
がその狙いがギャンブルになってはいけない。
ならば、ねらい目は一回目のドリブルチェンジの
切り返しの時と考える。

狙いえるか狙えないかは、
相手の技術、自分の技術よりも
自分と相手との位置と、相手の状態にあると考える。

ドリブルチェンジの時は必ず相手の体が少し浮く、
そして、プロテクトしていた手もなくなる。

その瞬間を狙え!

ただし、自分が相手の正面にいることが必要である。
でなければ、簡単に相手に抜かれてしまったり、
ファールになりやすい。
これは、練習で実験してコツをつかんでもらいたい。

ボールを奪えなくても、抜かれなければいい。
ディフェンスでも仕掛けたいものです。
そのタイミングは、相手がドリブル中の
ボールが離れた瞬間に間合いを詰めて
プレッシャーをかけることです。

ボールが手から離れている瞬間は、
ボールをコントロールできないのですから・・・

ディフェンスこそ、基本が大切です。
実戦の1対1の守備力を上げるためには
基礎練習をしっかり、キチンとやることです。

守備力は一日にして成らず!




↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2014/06/01 16:53|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/480-0ddb088d
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。