バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
今回はセンターのオフェンスの動きです。

ゴール下でノーマークでシュートを打つ。
ペイントエリアで1対1。
自分の得意なプレーを持とう。


少し自分の話を書きましょう。

中学時代は、センターというポジションではなく、
ポストプレーとリバンダーというプレーをすることに
精一杯だった。

高校時代は、よりセンターというポジションを考えた
プレーを求められ、個人練習で自分の得意な
ポストプレーを身につけて。

そして、大学時代。
私はセンターではなく、フォワードとしてプレーする。

チームの状況ややろうとするバスケット。
チームにいる長身者の能力を考えてセンターの
役割は変わってくる。

それを考慮して上で、チームのセンター。
自分のセンターのスタイルを考えて取り組むことが
大切である。

●センターの動き

 ①ハイ・ポストまたは、ロー・ポストでノーマークになり、
  ガードやフォワードからパスをもらう。
 ②ポストの位置から、より優位なポジションの味方に
  パスする。
 ③ノーマークになり、色々なシュートを打つ。
 ④スクリーンを行い、味方をノーマークにする。
 ⑤スクリーンをした後に、自らノーマークになるべく
  動いてチャンスをつくる。
 ⑥自分のマークマンにスクリーンをかけてもらい
  ノーマークになる。
 ⑦リバウンドのポジションを確保する。
 ⑧ポジション争いを常に仕掛けて、ノーマークになるか、
  優位なポジションボールをもらう。

●オフボールの動き
 ボールを持っていない時の動きが重要であることを
 常に考えていなければならない。

 ・相手を出し抜いて、自分がノーマークになる。
 ・相手を出し抜いて、味方をノーマークにする。
 ・ボールを受ける時には、シュート、パス、ドリブルの
  すべてのプレーができなければならない。
  このどれか一つでもできない状況でパスを受けたら、
  相手の脅威はひとつ、減っているのである。
 ・スクリーンを使い、相手よりも優位なポジションを
  自分や味方に与えられるように動く。
 ・常にフェイクやフェイントを使って相手を惑わし、
  一歩遅らせることで優位な状況をつくる。
 ・パスを受けるべく動くときは、味方がボールを保持し
  コントロールできる時であることが大切である。
  ドリブルを突き出して、ボールが戻ってくるまでは
  ボールはコントロールできない。
  パスしてボールが空中に浮いているときは、
  ボールをコントロールできない。
 ・すなわち、パスを受けるべく動くタイミングは、
  ドリブルでボールが戻る直前と、
  パスでボールを受ける瞬間である。
  その一瞬はディフェンスも無意識のうちに
  油断しているものである。

どうすれば、相手を出し抜けるのか。
どうすれば、相手を抜くことができるのか。
どうすれば、ノーマークになれるのか。

工夫すること、考えること。
それがバスケの楽しみである。




↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2014/07/13 18:30|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/486-64032979
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。