バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
リバウンドに必要な要素を考えてみよう。
大きく4つが考えれれる。

それは・・・


①メンタルタフネス

まず大切なのは、「毎回取りに行く」こと。
これは相手にとって一番の脅威である。

これを徹底するには、
強い意識づけが大切になる。
必ずリバウンドに行こうというのは
チームの供通意識でなければならない。
リバウンドな必ず報われるプレーではない。
つまり、毎回自分のところに落ちてくるとは
限らないのである。
それでも、毎回取りことに、
くじけてはいけない。

②ポジション

とくにディフェンスリバウンドは
跳んでとる必要はなく、
相手に跳ばせない。
内側に入らせない。
この二つができれば、
リバウンドが取れる確率は大きくなる。

それには、
よいポジションをとることが大切になります。

まず、ボールがどこに落ちるか、
「予測」しなければなりません。
基本的な考え方は、アーチが低いか高いかで
ボールのはずみ方と落ちるサイドの確率が
決まってきます。
これについては、
実際のプレーで研究してみてください。

③技術

オフェンスではシュートの落ちる場所を予測しても
ディフェンスは防ごうと必死です。
それをかわしてリバウンドに入るには、
技術が必要となります。

チェンジオブペース、フェイクなど
相手のマークを外す技術が必要です。
スピンターンでかわすことも考えられますが
そこでもボールの落ちる場所の予測が必要でしょう。

④フィジカル

身長がなくても、
リバウンドはとれます。
身長で劣る部分は技術で
ある程度カバーできます。
ただし、身長で劣る分、技術だけでは
5分5部といったところでしょうか。

少しでも優位になるためには、
体力的にまさることも必要です。
相手よりも機敏に、
相手に当たり負けしないことも考えて
練習に取り組みましょう。

4つのポイント書いてきましたが、
最も大切なのは・・・

毎回ボールを取りに行く・・・ことです。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2014/08/31 17:22|リバウンドTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/491-5d0be937
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。