バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ドリブルよりパスが有効であると言われる。
それは、移動スピードがドリブルより
パスの方が速いからである。

しかし・・・



ドリブルからの攻撃では、
ドリブルから次のプレーの選択肢が多ければ
ディフェンスに読まれずにチャンスを
つくることができる。

状況によっては、
ドリブルでボールを奪われずに
ディフェンスを崩して攻撃することも有効である。

パスは確かに移動スピードは速い。
しかし、空中に浮いている時間は誰も
コントロールできないのである。

パスミスは、時に
相手へのナイスアシストパスに
なりうることも考えていなければならない。

まず、マッチアップした相手の
ディフェンス能力を見極めたい。
相手が自分よりも劣っている。
または、同レベルであっても、
ボールを奪われるリスクが少ないならば、
ドリブルで仕掛けていいだろう。

自分の動きによって、
次のプレーがパスなのか、ドリブルなのか
シュートなのかを読まれないことが大切である。

ここで必要な能力は、
ディフェンスを観察する能力、
ディフェンスの能力と自分の能力を
比較分析できる能力が必要である。

それは、日ごろの練習で養わなければならない。
練習では、自分が実際にプレーできる時間は
限られていると思う。
チームの人数が多ければ多いほど、
コートに立っている時間は短い。
コートの外で、チームメイトのプレーを
見る時間は多いはず。

その時に観察する。分析する。
その訓練をすることが大切である。

人には、必ずクセがある。
それが弱点の場合は、そこを突くことができる。
たとえそれが得意なプレーのクセであっても
コースやタイミングが予測できることで、
止めることができる。
それが、三回のうち一回でも止めることができれば、
相手は慌てたりするものだ。

自分の体力、技術を磨くとともに
観察力、分析力、それに足しての対応能力を
養いたいものである。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2014/09/28 18:01|ドリブル・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/494-aa52fe31
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。