バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ドリブルを武器にすることで、
パスを効果的に使い、シュートに活かすことができる。


ボールを持った時に相手に次のプレーを
読まれなければ、有利にプレーすることができる。

それには・・・
いつもボールを持った時に
トリプルスレットポジションという姿勢を
とることが必要です。

これは、ドリブルしているときも
顔を上げ、その姿勢を保つことが必要でしょう。

ゆくっりとしたドリブルから一気に
ドライブする。
クイックモーションでパスをする。
ボールをピックアップしてシュートする。

これらのプレーを素早く行うことが大切だが、
人は、動作に入るときに前動作という
きっかけ的な動きをしがちです。
きっかけの動きを無くすること、または小さくして
相手にわかりにくくしないと
プレーを読まれることになります。

できるだけ読まれる材料を与えないことで
相手の反応を遅らせることができれば
攻撃しやすくなります。

ドリブルでは、
ボールを突くタイミングを変えたり
色々なステップを使ったりして
攻撃の幅を広げる努力をしましょう。

ドリブルは、
ディフェンスからボールを守るドリブルではなく
常に攻撃的でなければ攻撃はできません。
いつでも、ゴールに正対するポジティブスタンスで構えよう。

そして、ドリブル、パス、シュートに
素早く移行するためには、
ドリブルしながらも、ボールに長く触れていること。
身体をリングに正対していること。
ドリブルサイドの脚を常に前に置くこと。
そうすれば・・・
身体を幅広く見せることができるので、
フロントターンやパスアングルも広くなる。

ドリブルからのプレーは
読まれないことが大切。
素早く、クイックネス、ボールコントロール等々
必要なスキルは繰り返し練習しなければ
身につかない。
この部分は、「努力」が必要になるでしょう。




↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2014/10/05 09:19|ドリブル・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/495-c4aa8d62
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。