バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
シュートを決めなければ勝てないのが
バスケットボールです。

いかにシュートチャンスをつくるか、
シュートセレクションを確実に行うかが
大切になります。


ボールを運んできて
何度かパスしてオフェンスを展開する。

ノーマークであれば、シュートチャンス。
周りもリバウンドが合わせられる、
セーフティも準備できている。
このような状況では
誰もが認めるシュートチャンスです。

問題になるのは、
どのポジションから、誰がシュートするのか。

アウトサイドにおいて、シュートの確率が低い選手が
このシュートチャンスがやってきても
打つべきかどうか。

また、時間帯でもでも決まってきます。
試合の中で、どの時間帯であるかが、
シュートを打つべきかどうかを判断しなければ
ならなくなると感じます。

判断は瞬間的に行われます。
しかし、判断するポイントの数と
コートに立っている5人の意識の共有も
必要になります。

判断は・・・
残り時間。
点差。
速攻かセットオフェンスか。
アウトナンバーかノーマルナンバーか。
または、オーバーネンバーか。
これは、状況の判断材料です。

加えて・・・
選手のコンディションの状況。
個々のスキルのレベル。
誰がシュートチャンスか。
シュートの確率は。
リバウンドの合わせは。
シュートのポジションはどこか。
等々・・・・。

ポイントゲッター、シューターなど、
チーム内、チーム外ともに認められている選手は
状況が揃えばシュートを打つべきです。

周りは自然と、リバウンドを合わせます。
チームの総意でシュートセレクトしている状況です。
そうでない選手では、チームの総意ではなくなり、
シュートが入らなかった時のダメージは意外と大きい。

日頃の練習から、この状況判断を基本原則として
チームに定着させておく必要があるでしょう。

これは、接戦の試合で大きく影響してくるでしょう。




↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2014/11/30 10:51|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/500-f2a78634
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。