バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
練習で磨いた個々のスキルを
チームの力として繋げていくには・・・

「判断力」が必要になります。


「判断力」とは、自分の持っているスキルを
いつ発揮するかというタイミングのつかみ方と
発揮する方法を間違えないことにあります。

例としては、
シュートやパス、ドリブルを発揮できる姿勢として
「トリプルスレット」があります。
しかし、状況によってはその姿勢を崩す必要があります。
試合になれば、なおさらです。

ディフェンスのあたりが強ければ、ボールをかくしたり
ルーズであれば、シュートフォームに近い姿勢に
なったりします。
基本の姿勢は姿勢として状況を見極めて
「判断」することでプレーのかたち変わるものです。

ディフェンスでもそうでしょう。
ボールマンへのプレッシャーのかけ方も
シュートさせないのか、ドリブルをさせないのか
マークマンにパスを入れさせないのかで
ディフェンスの仕方が変わってきます。

「形」を覚えて使えれるものではありません。
相手のチームとの駆け引きが展開され
そのうえでどうプレーしていくかを
「判断」してプレーの方法を調整する必要があります。

ボールマンにプレッシャーをかけることで
チームとしてのディレクションしていくことを
優先させなければならないこともあります。

相手がシュートがうまくなければ、
距離をおいてマークし、ドライブを警戒する、
または、他のプレーヤーのカバーを意識するなど
考えてディフェンスしなければならないでしょう。

まずは、自分で「判断する」習慣をつけること。
そして、チーム全体の判断基準を共有すること。

判断基準も状況によって柔軟に対応できるように
しておきたいものです。
これは毎日の積み重ねです。

「判断」
「徹底」
「約束事」
「観察」

プレーすることだけに専念せず、
判断してプレーすることを毎日の練習で
習慣づけするようにしましょう。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/01/05 17:45|チームプレーTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/502-c24e30ba
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。