バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
オフェンスをうまく機能させるには、
フロアーバランスを最優先に考えます。

コートの5人がスペーシングに
気を配りながら動き、
タイミングを計り1対1で攻める・・・


個々のオフェンス力を高める努力を
怠ってはいけませんが、
個と個の「合わせ」を充実させるために
時間をさくことは必要です。

どのようにして個と個の合わせを鍛えるのか?
これは、ポジション間の関係性、連携を
考えなければなりません。

●ガードとフォワードの合わせ

ポイントガードがガードポジションにおいて、
ウイングのフォワードにパスを出すタイミングを
合わせることがまず求められます。

アウトサイドでパス回しするだけでなく、
ディフェンスがディナイしてくれば、
裏のスペースをバックカットする狙いがあります。
そのタイミングをガードとフォワードで
練習する必要があるでしょう。

ポイントガードがそのまま、ドライブインを
仕掛ける場合には、フォワードはどのように
動くのかを考えて練習しておくことも必要です。

フォーワードがウイングでそのまま立っていれば、
同然そのディフェンスはポイントガードの
ドライブにヘルプディフェンスしてきます。
そうさせないためには、フォワードは
自分のマークを引きつける動きをしなければなりません。
また、フォーワードのディフェンスポジションが
悪ければ、ポイントガードの動きに合わせて
リングに向かって動くことで、
パスがもらえるシュチエーションができるかもしれません。
パスがこなくてもリバウンドに入れるでしょう。

合わせがうまくできるようになると、
ディフェンスをかく乱することが容易にできます。
それは、ボールと人がほぼ同時に動くからです。

オフェンスにおける「合わせ」は、
ぜひ身につけたいスキルです。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/01/12 11:30|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/503-439875d9
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。