バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
今回は前回に続き、オフェンスの合わせです。
 
●ガードとセンターの合わせ

について書いてみましょう。


●ガードとセンターの合わせ

ポイントガードがドライブインを仕掛けたとき、
センターとの合わせは大きな武器になります。

センターのディフェンスがヘルプでボールマンに寄った瞬間
ディフェンスが戻りにくいポジションへ動き、
なおかつ、シュートポジションならばチャンスが広がります。

また、ピック&ロールのようなスクリーンを利用した
動きならば、センターとガードのコンビネーションは
さらに有効な武器になります。

これは、2対2の局面のプレーになります。
他の選手もこの2人のプレーを邪魔することなく
連動して動けばますます、パスのコースや
スペースのギャップができて、チャンスはやってきます。

合わせのプレーでのチャンスは、一瞬です。
ボールマンと他のプレーヤーの息が合わなければ
いくら動いてもパスは通らずチャンスを活かせません。
視野と気づきがなければ、そのチャンスがあったことさえ
気付かない場合もあります。

それでは、合わせ動く選手は、立ち止まってしまいます。
合わせの意識、合わせの感覚がないと、
オフェンスの動きは悪くなると考えています。

練習では、合わせを意識して合わせるようにしましょう。
合わせに気づいたけれど、パスが通せなかった時は、
そのプレーヤーに合図を送りましょう。
気付いているんだ。次はパスがくるかも。
そう思わせなければ、動かなくなってしまいます。

パスをもらいたいほうも、自分が受ける意識だけでなく
まずは、ボールマンを活かす、助ける動きを心掛け
その延長上に、自分が活きる選択をしたいものです。

合わせは、コミニュケーションの成せる業です。
合わせがうまいチームは、チームワークがいいと感じます。
チームで戦っていると自分たちも相手にも
思わせることは、大切なことだと考えます。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/01/18 17:02|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/504-fdb74066
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。