バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
個の技術を活かすために、
チームとして力を充実させるために、

「判断力」
「徹底」
「合わせ」

というキーワードが浮かんできます。

特にボール運びでの連携は重要です。


中学、高校では、
オールコートプレスなどで、ボールダウン(ボール運び)の
攻防が勝敗を分けてきます。

ボール運びでの連携は重要なスキルです。

ボール運びでは、1番2番のガード陣の連携と
ポイントガードが毎回ボールを運び
ハーフコートのオフェンスに入るのが理想です。

ディフェンスの目的はそうさせないことが目的に
なると考えます。

2番のガードがいかにポイントガードをサポートするかが
最大のポイントになります。
しかし、多くのチームの場合、この2番がファーストブレイクの
レシーバーになって、いち早くフロントコートへ向かって
走るパターンが多いはずです。

小さいプレーヤーがガード。
ガードは走るのが役目。
この先入観は、時にやるべきことの役割の考え方を
知らない間に歪なものにしてしまいがちです。

ポイントガードと2番のガードがボール運びの連携をとって
いかに早くボールを運ぶかを基本のかたちにして
つくるのが第一で、そのほかのオプションをつくっていくことが
ボール運びの基本ではないかと思います。

状況によって変化するボール運びは、
何が基本形かを明確にし、
その形を変形させていくことで、
状況に対応します。

ディフェンスのプレッシャーを受けて
1番がボール運びに苦労しているときは、
2番が必ず助けにいき、二人でボールを運ぶ。
そうすると、ディフェンスは、スイッチなどして
対応してきます。
その際、3番がサポートに入るルールにする。
または、4番がカウンターで中継に入る。

ボール運びは、
チームの状況、個々のスキルの状況は大きく影響します。
すべての選手が、ある程度のスキルのレベルにないと、
ボール運びはほころぶものです。

個々のスキルが飛びぬけていれば別ですが、
個々のスキルの特性を活かしながら、
何ができないという苦手なスキルはなくしたいものです。

チームのオフェンス力を高めるには、
個々のスキルアップは欠かせません。
チーム作りの中で、ある時期個々のスキルアップを
目的に練習を行うことが必要だと思います。

どんなチームをつくるのか。
このチームのあるべき姿をイメージして、
練習を行い、あるべき姿を目指すことが大切です。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/02/01 15:22|オフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/506-4c7df070
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。