バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
チームづくりを考えた時に、
まず個人のスキルの分析が必要です。
そういう意味では、
個の発達とともにチーム作りへの取り組みが必要です。


まずは、簡単なことからチームのルールを
徹底しましょう。

体育館の玄関に脱いだ靴をきれいに並べる。
これを徹底する。
これにバスケットボールがうまくなる理由は
見当たりません。

しかし、個の力をチームへと方向づけるには、
チームの決めたルールを徹底することが必要です。
これが自然にできるかどうかで、
個の力をチームの力に集結できるかどうかがわかるでしょう。

誰かがやるだろう。
自分はやななくてもいい。
そうれでは、チームが窮地に立った時や
苦しい練習を乗り越えようとすることに
何も生み出しません。

試合に勝つことだけがスポーツではありません。
そこに至るまでのプロセスが大切です。

誰もが、バスケットボールがうまくなりたいと思って
練習に取り組んでいると思います。
試合の勝ちたいと思って頑張っていると思います。

そのためには、「自分のため」であってはいかない
場合もあるということを考えなければなりません。

自分の役割が何なのかを認識することも必要です。
でも決して、自分が下手だから試合にでれないとか、
練習も適当にやっていいわけではありません。

ディフェンスを頑張る。
リバウンドを頑張る。
ルーズボールを最後まで追う。
とにかく、走る。

下手でもできることはいくらでもある。
一生懸命が必ず報われるわけではないけれど、
自分の精一杯のプレーには、
必ず達成感を得ることはできます。
自己満足であっても、自分の心の中で、
今日の自分は一番頑張ったという分には
誰もの迷惑はかえません。

がむしゃらに頑張ることができるのは、
わかりし日々であり、バスケットボールを
やっているこの瞬間です。
実はこの時間こそが貴重な時間だと感じてください。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/02/07 17:18|バスケット上達法TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/507-884fe25f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。