バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
よいバスケットボールの指導書は数多い。
インターネットのサイトも多い。
今や情報はいっぱいある。

それらを参考にして指導して
はたしてチームは強くなっているだろうか?


努力を勝利に変えるために活動する中で
成功する秘訣は、
入念に計画し、意思をもって効率的に実行される
「練習」のありかたにある。

基本的な「練習」をどんな心構えで行うか、
本当に基本的なことを重視したい。
それはボールを使った練習や
チームで行う練習以前の練習である。

体育館に立って練習に臨む時の
ひとつひとつの行動を分単位、秒単位で
行動するように選手に求めるべきである。
これが練習なのである。

そこまでしなくても・・・
でもそれが、勝利への道になると考えるのである。

体育館に入ってからの準備のしかた、
ソックスからバッシュの吐き方の練習までしなければ
ならないくらいの意識が大切である。

そして、
何がうまくいき、何がうまくいかなかってのか、
どうすればうまくいくのかを考えなければ
ならないと考えるのである。

そうすることで、躾けるというよりも
「時間」を得ることができるのである。
練習時間を1秒でも無駄にしないこと。
そして、「考えること」を学ぶことができる。

なぜ、そこまでしなければならないのか?

その答えはシンプルである。
勝つためである。

少しでも多く練習できる。
これが勝利への道である。


↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2015/03/15 09:27|バスケット哲学TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/511-b68a03d6
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。