バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
今日のバスケットボールにおいては、
3ポイント打てないというのは考えられない。

大きな選手でさえ、アウトサイドのシュートの
確率が高くなければ、ディフェンスにとっては
脅威が半減する。


まずは、自分のシュートレンジを知ること。
それから、どのくらいの距離を伸ばすかで
シュートレンジが広がる。

シュートの距離をのばすことを考えると
まずは、両脚、両腕、肩の強化が必要と
考えるの一般的である。

しかし、体の大きな力のある選手の
シュートの距離が短く、
体の小さい非力な選手が3ポイントを
簡単に打てたりする。
こう考えると、筋力アップによっての
シュートの距離アップはのぞめないのではと
考えられる。


長距離の能力は体の大きさや筋力ではない。
それではどうすれば・・・

シュートは力の出所とシュートフォームを構成する
様々な要素とリズムによって決まるのではないだろうか。

シュートの出所は、
ボールのセット位置とリリースポイントによって決まる。
まず滑らかな動きでボールを送り出さなければならない。
そして、幾分距離を伸ばすためには、セット位置を低くして
リリースポイントまでの距離を長くするような調整が
必要だと考える。
実はそれよりも、ボールの打ち出しの初速が大切で、
いかに早く打ち出すかがポイントである。
そのスピードを生み出すために、移動する距離を
長くする必要があると考えるのである。

それだけでは、到底距離は伸びない。
そこで、両脚の動きを連動させることが必要である。
距離は脚でつくるというのが定説である。

強靭な足腰をつくることが肝要である。
それがシュートリズムをつくることにもつながる。

無理をすることはない。
無理をするとシュートフォームを壊してしまう。
それでは元も子もない。

チャレンジは無理せず、コツコツと。

↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/04/05 17:59|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/515-1488a38a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。