バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットボールは・・・
攻防の切り替え、展開が速い競技です。
そのため、ミスは起こりやすい。
ミスをどう考えるかで、バスケが変わってきます。


できれば・・・
ミス 「0(ゼロ)」を目指していきたい。

それには、ミスの原因を正しく把握しなければならない。

ミスというと、
ターンオーバーやシュートミスが浮かびます。
これらのミスは「0(ゼロ)」にはできないでしょう。
それでは、ミス 「0(ゼロ)」目指せないのでは・・・
と思うでしょう。
これらのミスは出来るだけ少なくする努力を要する事柄です。

ただ、これらのミスは、重要なミスです。
それは、ボールを相手に与えてしまうからです。

仮に相手を同じ回数の攻撃回数を得るとするならば、
シュートミスが多い方が負けることになります。

パスミスやターンオーバーは、
この攻撃回数を相手より減らすことに直結します。

この観点から
シュートミスとそれ以外のミスは別物と考える
必要があるでしょう。

それではまず、
ターンオーバーのミスについて考えます。
このミスの原因には3つの原因が考えられます。

〇 ファダメンタルの欠如
〇 連携のミス
〇 意識性の低さによるミス

ファンダメンタルのミスとは、
ドリブルを足に当てたり、
ボールをハンブルしたりするミスです。
単純な技術的ミスですから、
改善しやすいでしょう。
ドリブルやハンドリングの基礎ドリルに
率先して取り組みようにしましょう。

基礎ドリルに取り組んでいる間は、
このミスはしょうがないと思われます。
短時間で身につくように努力します。

連携のミスもいうなれば、ファンダメンタルの範疇です。
アイコンタクト、ターゲットハンドを怠ったための
パスミスの可能性が大きいと考えます。
また、思い込みも重大です。
「ここにパスがくるだろう」
「きっと取れるだろう」
という自分勝手な思い込みによるミスです。
これも、連携プレーをドリルで取り組めば
解決できるものと考えます。

そして、最後の意識性の低さのミス。
これが最も重大なミスです。
つい、ラインを踏んでしまっていたり、
ルーズボールを追わなかったりというプレーから
ボールを失ってしまうミスです。

以上、私が考えるミスの分析を、
練習や試合で「見える化」することからはじめます。
どんなミスがどれだけ(数)起きてるかを記録します。

ファンダメンタルのミスについては、
練習で技術アップすることで、
解決できますので、日々チェックし徹底していきます。

チームや個人の技術がアップしても
ミスが起こってきます。
その時は、いつでも基礎ドリルに立ち戻って
取り組む日があってもいいと思います。

問題は、意気性のミスです。
これについては次回に考察します。




↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ


2015/05/10 10:07|バスケット哲学TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/518-f65c3865
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。