バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
パターンオフェンスはそれぞれのプレーヤーの動きを決めて
特定のプレーヤーのシュートチャンスをつくること。
フリーオフェンスとは、個々のプレーヤーの判断でプレーを
つなぎチャンスをつくることです。

そのメリットとデメリットとは・・・




パターンオフェンスには、1回きりのパターンオフェンスを
行ったあとはフリーオフェンスにするやりかたと、
同じパターンを繰り返すやりかたがあります。
どちらも、サイドが変わっても同じように動きます。

パターンオフェンスでは、同じ動き方を正確に行うことが
必要であり、簡単のように思えるけれど、
実は、基本的な技術を正確にこなせることが必要です。

パターンオフェンスではディフェンスは動きをよんできます。
そのディフェンスを振り切って、チャンスをつくることが
できなければなりません。

動きが決まっているので、その動きを忠実に行えばいいと
思いがちですが、実はディフェンスがよんできたことに対する
判断が必要で、それによって動きを変えたときに
他のプレーガーが連動して、同じ判断と動きを
合わせなければなりません。

ディフェンスのプレッシャーをはねのけ、
移動して、または逆をついて、フェイントをいれて、
パターンオフェンスを遂行することが求められます。

フリーオフェンスでは、原則的にその場の判断で
プレーしていきます。
これは、技術のない初心者にも対応可能です。
しかし、その場合、技術の優れたプレーヤーの1対1に
頼りがちのオフェンスになります。


また、パターンオフェンスに戻りますが・・・
多くの場合に、スクリーンプレーや表プレーと裏のプレーを
組合せると考えています。

それに対応してディフェンスはスイッチやカバーで
対応してきます。
まずは、スイッチプレーを振り切れるようにならなければ
なりません。
また、相手の動きを逆手に取り、逆をつくプレーも必要です。

このように、単純に決められた動きをしていればいい
というのがパターンオフェンスではありません。

判断と確かな技術と相手の逆をつく能力が必要です。




↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2015/06/07 08:37|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/520-48d2477a
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。