バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
プレスディフェンスへの対応


プレスディフェンスを仕掛けられても焦らないこと。
精神的に圧倒されないこと。
そのうえで、戦術と技術を駆使すること。



プレスディフェンスは通常4回から5回までの展開には
対応できますが、
それ以上は、どうしても甘いディフェンスになります。
まずは、余裕をもちながら、何とかボールを運ぶことです。

そのプレスディフェンスも長くは続けられないでしょう。
それは体力的にも、精神的にも辛いからです。
まして、通用しないとわかったら、なおさら早く
やめてしまうことになるでしょう。

プレスディフェンスを仕掛けられたら、
ボールを失わず、シュートまでいくことを実行します。
そのためには、ボールハンドリング、レシーブ、
ピボットターン、パス、ドリブルの確かな技術の習得が
必要です。

また、できるだけディフェンスを動かすこと。
それによって疲れさせることが必要です。

ディフェンスがいやな動きとは、
一定方向に一定のスピードで動くことではありません。
ですから、ジグザグに動いたり、緩急をつけて動いたり
角度をつけて動いたりします。

基本的に考えると、
まずやってはいけないのは、相手に背を向けて
ボールをキープすることです。
それは、ディフェンスにとって、すぐにリングに
向かってこないからです。

それよりも、リングに正対しているオフェンスの方が、
抜かれてはいけないので、ディフェンスにプレッシャーが
かかります。
ディフェンスに正対したまま、ボールを動かしたり
ピボットをしてボールをキープします。

また、プレスディフェンスを破るには、
3つ以上のパスの展開で行うことができます。

3つのパスを単純に行うのではなく、複雑に行うことです。
それは、レシーバーが複雑に動くとということです。
これは、練習によってつくりあげなければなりません。

そのためにも、ボールのキープ力、フットワーク力など、
基本的なスキルの習得が不可欠です。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ

2015/06/21 16:28|プレスの攻め方TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/521-66d75cb4
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。