バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
モーションオフェンス

モーションオフェンスは、パターンオフェンスを思われがちです。
しかし、わたしは、モーションオフェンスとは
パターンオフェンスとフリーオフェンスの混合と考えます。




基本は、最小限のルールを守りながら、
選手の自由な判断によって攻めるのがモーションオフェンスです。
まずは、ボールを動かすこと。
そして、人が動くこと。

基本的な考え方は、ドリブルを使わず、
パス、カットイン、スクリーンを連続して行って
ノーマーク又は、得意なパターンにもっていきます。

できるだけボールを持つ時間を短くします。
ボブナイトは、2秒ルールとか、ボールの展開のルール、
ポストの活用など、規律を用いてモーションオフェンスを
作り上げました。

「見て、判断して、プレーする」
この規律を守りながら、選手個々の判断というか、
アイデアが盛り込まれると、素晴らしい展開のオフェンスに
なると確信します。

チームが形成され、出来上がってくるとき、
このモーションオフェンスが完成に近づくと
バスケットボールの楽しさを表現できるものと考えます。

モーションオフェンスは、
パターンオフェンスとフリーオフェンスの混合と書きました。
しかし、どちらかというと、
規律をもったフリーオフェンスといった方がいいいのかもしれません。

モーションオフェンスをつくる上での難しさは
この認識にあります。
指導においては、
パターンで教える。または、規律を重視してしまうと
窮屈なオフェンスになりがちです。
規律を守らせながら、自由にやらせてみる。
選手と一緒になって、答えを探すくらいでなければなりません。

つまり、モーションオフェンスにははじめから、
「これだ。」という答えはないのだと考えます。
自分たちでつくりあげることが最大の武器になりえる
モーションオフェンスと言えます。

かなりレベルの高い理想的なモーションオフェンス論です。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/07/04 20:37|オフェンスの戦略・戦術TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/523-8ddd1ce6
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。