バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
パスの精度を上げる


すべてはシュートの為のプレーになる。
オフェンスにおける鉄則である。

パスの精度について考えます。




最も有効なつなぎのプレーはパスと言えます。
パスとの合否は、パサーとレシーバーの共同作業です。
連携なくしてパスの成功はありません。

安全にかつ有効なパスを通すには、
パスのタイミングとコースを状況に応じて
認識して判断しなければなりません。

パスを成功させるにはと考えるよりは、
インターセプトされる原因を知っていなければなりません。
パスがインターセプトとされるのは、
手元を良く見ていないからです。
パスは、レシーバーの手元を狙って行います。
しかし、多くの場合それを意識はしていないでしょう。
でも、ターゲットハンドといって、レシーバーは手を上げる
行動をするはずです。

それと同じように、ディフェンスも手でボールを
インターセプトします。
つまり、ディフェンスの手がどこにあるかを
見ていなければなりません。

それを意識すると、ディフェンスの狙いがわかります。

レシーバーのターゲットハンドに、ディフェンスが届くようでは
インタセプトされます。
パサーだけでなく、レシーバーも動く必要があります。
ディフェンスの手の届かないところでもらう必要があります。

パスはパサーとレシーバーの共同作業ゆえんが
ここにあります。

そして、パサーにとって大切なのは、
パスを読まれないことです。
シュートを打たれるのがこわい。
ドリブルで抜かれるのがこわい。
そんな状況では、パスだけ反応できません。

ディフェンスにはパス動作を読ませないことが大切です。
ノーモーションでパスできるように、
できるだけ、早いモーションでパスできるようにしましょう。

パスを予備動作が大きければ、読まれてしまいます。
視線ににも気をつけましょう。
目線で次のプレーを読まれないようにしたいものです。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/10/18 18:02|パス・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/527-6a6f18fa
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。