バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
1対1のディフェンス

ボールを持ったプレーヤーに対する1対1の
ディフェンスが、チームディフェンスの基本になります。




オフェンスは、ボールを持ったプレーヤーしか
攻めること、シュートを打つことができません。
ディフェンスの目的は相手に得点させないことです。
ボールマンを抑えることができれば、得点をゼロに
抑えることも可能です。

ディフェンスにとって、最大のピンチは
オフェンスがボールを保持した瞬間です。
ここをまず抑えることに集中します。
オフェンスとの距離があれば、シュートを打たれてしまいます。
距離が近ければ、ドリブルで抜かれる危険性があります。
適度な間合いで距離をとります。

最初のピンチを乗り切ったならば、距離を詰めます。
最初の相手がボールを受けた瞬間をツーアームの距離と
するなら、ここではワンアームの距離になります。
ツーアームは2本の腕の距離でワンアームは1本です。

ディフェンスは、リングに背を向け、ボールマンに正対します。
これが大原則になります。
ディフェンスはシュートを予測したら、前にでます。
ドリブルを予測したら、リング方向に斜めに下がります。
ディフェンスはオフェンスに対して「面」を意識して守ります。
常に、リングと相手との間に位置するように、
ステップを駆使します。

予測が早すぎて、ステップのタイミングが早すぎると
オフェンスは逆をついてきます。
また、フェイントを多用してくることも考えられます。
オフェンスのクセを研究しましょう。
オフェンスがボールを持っている場合、
最初に動くのがボールです。
もしくは、行きたい方向に視線が動きます。
何をもって予測するのかを研究してください。

ディフェンスは「予測」と「フットワーク」が重要です。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/10/25 20:24|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/528-ead40e0f
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。