バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
ディフェンスのピックアップ

バスケケットボールは、攻守の切り替えに
切れ間がないのが特徴です。
オフェンスからディフェンスに切り替わる時、
どの位置で相手をつかまえればいいのでしょうか。



オフェンスにおいて、シュートを放った時、
次の選択をしなければなりません。
一つは、オフェンスリバウンドにいくという選択、
もう一つは、ディフェンスにいくという選択です。
シュートを放って、ただボールを見ていてはいけません。
次のプレーを選択するのです。

チーム的に攻守の切り替えを考えた時に、
その時の原則を周知していなければなりません。
まずは、オフェンスリバウンドは、3人が入ります。
残りの2人はセイフティーディフェンスに入ります。

チームによってこの原則は変わります。

あとは、どこでピックアップするかです。
ハーフラインまで出来るだけ早く戻って、
相手を捕まえる方法や、
3ポイントラインのあたりで、早めに捕まえる方法があります。
チームの方針に従います。

オフェンスリバウンドに入った場合は、
ボールサイドの逆のサイドに戻ることをおすすめします。
オフェンスリバウンドに入ると、相手の後ろを走る場合があります。
どこに戻るかは状況によりますが、
ボールがあるサイドには、味方がディフェンスしている
場合が多く、逆サイドが手薄です。
フロアバランスと状況によって判断します。

時にはボールマンに後ろから追いかけて行って、
ダブルチームにいく場合もあります。

状況の判断が重要になります。

しかしながら、初期のディフェンスの目的は、
ファーストブレイクを出させないことです。

展開が早いのが、バスケットボールですから、
判断を的確に早くするようにしましょう。


↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/11/15 21:14|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/529-8c4c5f09
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。