バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
マンツーマン・ディフェンス

ディフェンスはマンツーマンが基本です。
マンツーマンディフェンスができれば、
他のディフェンスはこなせます。




マンツーマンと他のディフェンスを比べた時に
考え方が違うので、頭の訓練は必要です。
また、一人で守りきることはできません。
すなわち、チームディフェンスとして、
チームのルールを設けて、それを共有して
守りぬくことが大切になります。

チームディフェンスでのマンツーマンを考えた時に
考え方の原則があります。
どこに追い込むのかということです。
ミドルラインに追い込む考え方と
サイドラインに追い込むやり方があります。

身長の高い選手がいる場合には、そこに集めて
シュートを難しくさせようという狙いから、
ミドルラインに追い込む考え方を採用します。
逆に、サイドラインに追い込んで、パスの方向を
制限させたり、ドリブルを同じ側でしかできなくする
サイドラインに追い込む方法も考えられます。

ディフェンスのポジションや追い込む方法を表現するときに、
ミドルラインやボールラインという言葉を使います。
ミドルラインとは、二つのリングを結んだラインです。
ボールラインとは、ボールのある位置にエンドラインと
平行のラインを引いたラインです。

ミドルラインを基準にボールのある方がボールサイドで、
無い方がヘルプサイドとなります。

言葉の通り、ボールサイド側は、ボールマンと
パスレシーバーなりうる相手をマークします。
ヘルプラインは、自分のマークマンにパスがくる
確率が低いので、ボールサイド側に味方を援護します。

ボールラインより、さがって守ることによって、
ボールを全員で守ることができます。

このように、架空の縦のラインと横のラインを認識して、
チームでどのように守るかをルールづけすることで、
チーム全員で守ることができるようになります。



↑↑↑よろしけれれば、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ人気ブログランキングへ
2015/11/29 17:02|ディフェンススキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/530-7b643f42
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。