バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
前回につづき、シュート上達のポイント・・・


前回いろいろ書きすぎて、チェック項目が多すぎると

頭でっかちになって、身体が動かなくなる。




最終的にシュートは、リリースする時の指先のタッチ

腕のフォロースルーの方向、それに目線(リングから目を離さない

が正しければ、大きく外れることはない。

まずは、正しいシュートフォームを手に入れること。

フォームをチェックしながら、打ち込むしかない。

打ち込む際には、目線をリングから絶対に外さないこと

リングを見ることで、距離感を養うことと、

集中力を高めることが上達へとつながる。

打ち込みは、近くからはじめて距離を伸ばしていく。

その際、ボードは使わない

リングにも触れないシュートを打つ。(ノータッチシュート

このこだわりが重要である。シュートフォームを

作るときやシュート練習では、こだわること。

ただし、試合や試合形式の練習では、ノータッチシュートでなくても

「入ればOK!」でいい。

実戦でのシュートでは

モーションを速くしなければならないが、急いではいけない。

頭を動かさないこと

これが、シュートがぶれない為に重要である。

シュート練習で目線をリングから離さないことは、

集中力のアップとともに、頭がブレにくいフォームになる。

実戦でのシュートでは

「躊躇」しないこと。 「シュートが早い」と言われても

シュートを打つ際は躊躇なく、思いっきり打つこと。

シュートを打つタイミングは他の試合を観ながら

シュミレーションしながら、習得しておこう。

または自分の試合ビデオで

自分のシュートを観て勉強してもいい。

しかし、そのタイミングにこだわりすぎると

シュートそのものの「集中」がおろそかになる。

試合になったら、ここだと思ったら、迷わず打つこと。

シュートが、ノータッチで入った時、

「快感」を感じるようになるとシューターへの道が開かれる・・・・

誰でもシューターになれる・・・・・・

2008/03/14 12:41|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/58-80dcf306
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。