バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告


バスケットをプレーする者にとって、 シュートは身に付けなければならない技術である。 シュートを打つために、 他の個人技やチームプレーを身に付けるのである。




コートに立つ十人の中でボールが一つである以上

シュートを打てるのは一人である。

であるから、まず1対1で仕掛けられること。

自分のマークマンを出し抜いた時、

他のディフェンスが干渉してきたら、

「合わせ」ができることが必要である。

1対1で出し抜けない時はスクリーンプレーも選択できる。

とにかく、1対1でディフェンスを出し抜いて、 ノーマークでゴール下までいってシュートできれば、 それにこしたことはない。 しかし、そう簡単ではないからバスケットはおもしろい。

3ポイントシュートがある以上、それが入れば大きな武器になる。

さて、私が思う「シューター」とは、 シュートの成功確立が高いこと。 3ポイントが打てること。 いつでも、自分のタイミングでシュートできること。 クイック、フェイント、スピードを駆使して、 シュートを打つ瞬間にノーマークをつくれることだと思う。

このノーマークとは、シュートを打つ手がシュートを リリースするまでディフェンスにチェックされない状況をつくれること。 これが、シューターに必要な条件だと思う。 たとえば、ディフェンスがピッタリとついていても、 ドリブルを警戒させて、 手を横に下ろした瞬間に素早くジャンプシュート打てれば、 シュートを打つ瞬間は、手の部分をノーマークにできる。 これがシューターの要素だと思う。 華麗なプレー、華麗なシュートが本骨頂と言える。

シューターがポイントを稼ぐという意味では、 ポイントゲッターではないかと思う人もいるかもしれない。 しかし、シューターを「華麗なシュート」と表現するならば、 「ねじ込むシュート」。 つまり、ディフェンスのシュートチェックがあっても、 多少ファールぎみであってもシュートを決められる 「力(つから)のシュート」をするプレーヤーを ポイントゲッターと言いたい。

私の勝手な見解は、ポジション的であるとも言える。 シューターとは、ガード、スモールフォワードであり、 ポイントゲッターは、パワーフォワード、センターということになる。

そういう意味で、シューターには機敏さ、ポイントゲッターには、 力強さが必要である。 また、シューターには冷静な判断力、 ポイントゲッターには勇気も必要だ。

シューターはただシュートを打てばいいものではない。 チームの状況や試合の流れでシュートを打ち決める必要がある。 シュートにこだわりすぎていけない。 シュートを効果的にするためにドライブも必要なのだ。 冷静なな判断が必要なのだ。

ポイントゲッターは、どんな状況でも、 ゴール下を決めなければならない。 小学生、中学生のプレーを見ていると ディフェンスにチェックされも十分決められるのに、 落としてしまうことがある。 それは、技術というものより 「勇気」が足りないからかもしれない。 話を聞くと、シュートの瞬間「目をつむっていた。」ということもあった。 バスケットに限らず、スポーツには時として「勇気」が必要である。

私は、シューターに憧れつつ、 ポイントゲッターとしてプレーしている。泥臭く・・・シュートを狙う。 あなたは・・・どっち?

2007/09/17 10:29|シュート・スキルTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/6-c4142645
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。