バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
リバウンドはバスケットのゲームにおいて

重要なスキルのひとつである。




ゲームにおいて、ゴール下を支配し、

相手にセカンドゴールのチャンスをあたえないことは

優位に試合を支配できるでしょう。

また、オフェンスにおいても果敢にリバウンドを

取りに行くことで、セカンドゴールをものにできれば

得点力はまちがいなくアップします。

リバウンドのポイントは4つ・・・

○ポジション

○ボックスアウト

○レバレージ

○リバウンドの準備(予測)

1.ポジションは相手に負けない有効なポジションをとる

  ことが大切。

2・ボックスアウトはポジション争いに勝ったあとしっかりと

  ボックスアウトし、まちがいなくリバウンドをものにする。

3.ボディレバレーシで力強くポジションを維持する。

4.シュートは半分は落ちるもの、いち早くリバウンドを

 取りに行く姿勢が大切。

まちろん、背の高さや、ジャンプ力はリバウンドにおいて

かなり有利であることは間違いない。

しかし、有利さだけではリバウンドは取れない。

有利はポイントをさらに活かすためには

一生懸命さが必要であると思う。

リバウンドではその一生懸命さや頭の良さ、

カンの良さが立証される。

リバウンドはあり程度習得してしまえば

繰り返し練習する必要はない。

飛び込む勇気、一生懸命さ、

頭の切り替えと予測で

高いスキルレベルを維持できるはずだ。

リバウンドを楽しめるプレーヤーをめざせ!

2008/04/04 06:53|リバウンドTB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/64-26b56143
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。