バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告


まもなく、月刊バスケットボールが発売される。 まちがいなく、山形全中の特集である。




実に楽しみである。憧れのチームが載るからだ。

青春時代の憧れのチーム、京北高校。 私の青春時代はウインターカップではなく、春の選抜大会であった。 その大会で全国制覇。あのユニフォーム・カラー、 ロゴのデザインはその当時のままだと思う。 今の京北中学にも受け継がれている。

あの当時の京北高校のプレーが私の中でよみがえってくる。 とにかく、「カッコイイ」のだ。 紺色、水色、白色の三色のユニフォーム・カラー、 そして、前面のナンバーを取り囲むようなブリッジ型で 小さな英語のロゴ。 きっと、KEIHOKU  JUNIOR HIGH SCHOOL となっているはず。 実物は、小さくて見えなかったのだが・・・。 早く月刊バスケが見たーい。

高校時代は、遠征で何度か京北高校と対戦。 大学進学すると、先輩に京北高校出身の名選手がいて 同じチームでプレーし京北イズムを学んだ。 山形全中の京北中学のプレーを見てその片鱗を感じた。 もう数十年も前の記憶で色あせているのかもしれないが、 あこがれのユニフォームが私をタイムトラベルさせる。

京北中学のバスケがいいとか、わるいとかいうのではなく。 そのプレースタイルが好きである。胸がときめいてくる。

あくまで、私の勝手な見解であるが、オフェンス重視。 ディフェンスはそこそこやっているが、 ボールを無理に取りにいくような粘りのディフェンスではない。 ゴール下付近の相手のシュートに対して、チェックはするものの、 100%のプレーではないように見える。 むしろ圧巻なのが、その後のプレー。シュートが入ったら、 全力でボールを取りにいきパスアウトしファーストブレイクなみに攻めて すぐ入れ返すプレー。 相手がシュートを外すものなら、リバウンドを全力で追い、 これまたブレイクで攻める。これこそバスケットの基本だ。 とにかく早く攻める。このスピードが心地よい。 セットオフェンスでも、ボールを動かし、人も動き、ドライブ狙う。 3ポイントを狙う。実にシンプルなバスケット。 これが私の好きな青春時代に取り組んできたバスケットだ。

ほんの少し、昔に戻った気がした。 そして、11月24日前橋で夢のつづきを見れることを祈っている。 全国シニアバスケット大会で・・・。

2007/09/19 08:19|ひとりごと日記TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/7-4825464c
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。