バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
理想的なミートは氷の上を歩くように、自分の体重を感じない動き。

そう指導しても、経験したものでなければ理解できないと思う。




技術を引き上げることは、今までにない感覚を身につけることだと

感じることがある。

それを指導で伝えることができたならと思うのであるが・・・

まずは自分で感じることができる体験的範囲というのには限界がある。

だから、「技術を見る目」が必要であり、

それを伝える能力が大切になってくる。

あくまで参考例であり、これに限定されるものではない。

その着眼点とは・・・・

・ボールのもらい足

・次の足

・膝の曲がり方

 まずは足元である。スムーズな重心移動、足さばきを行う為の

準備、体勢がとれているかということである。

バスケットの特性上、最初についた足(ピボットフット)は動かせない。

その状態から、次の動作へスムーズに移行できる姿勢であるかどうか。

・手の位置(ボールの位置)

 ボールを保持していたとき、自由に動かせそうであるが、

実は自分のバランスを保つために使われている。

であるから動かせる範囲は限定されている。

ボールが動かせる範囲は実は重心が移動する方向である。

片足が上がった状態では、その足をつこうとする方向以外に

ボールは動かせないものである。

 ここまでの例での着眼点でプレーを分析していくと、

●パスが弱い、いいタイミングでパスがだせないという弱点をもった

 選手の技術的問題点は

 ・重心移動とパスを出す手の動きが連動していない。

 ・重心移動とパスを出す方向が同じでない。

 ・膝が曲がっていないために、タイミングが遅れる。

 ・ディフェンスにあおられて、引き足になってパスする。

などが考えられる。(あくまで参考例、ほかにも原因はあるので)

それに対してどう指導していくのか、どういうドリルを取り入れるのかを

考えていく必要がある。

 ボールのもらい足、次の足、膝の曲がり、ボールの位置が

どうあれば良い状態であり、どうプレーに反映されるのかを観察し、

 問題がある選手では、どういう未熟なプレーとなるのかを観察する。

これが「技術を見る目」であるとわたしは考える。

書いている自分が理屈っぽいなと感じるので、

読んで下さっている皆さんはなおさらでしょう。

なかなか伝えたいことがうまく書けていません。

本来、技術論とは理屈ぽいものかも知れません。

しかし、いい指導者は理屈っぽくネチネチと自論を

語るものかもしれませんよ。(わたしは別として)

あなたの周りの指導者、

または実際指導しているあなた自身はどうでしょうか?

2008/05/08 11:42|指導論TB:0CM:1
キキさんのブログを読んでいると「そうだな~」とは思うのですが・・・実際に指導するのは、難しそうですよね。
日本でミニバスの頃、教えてもらっていた監督は、県のミニバス協会の会長だったんですが、プレーするより技術論を語る時間の方が長い人でした。でも現役の小学校の先生だったので、話し方がとても上手くて、子供たちに解り易く説明してくれていました。アメリカ人のコーチは、言葉では説明できないことは、一緒にプレーして教えてくれていました。
指導するっていうのは、相手の年が低いほど難しいですね。
MARINA #79D/WHSg|2008/05/09(金) 11:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/75-438c151d
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。