バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

本当の日記みたいでいいのかな。

最近、特に昔が懐かしい。

それなりに歳を重ねてきたからかな。

そして、あの苦しくてやめたかったバスケットを

やっていた時のことを思い出す。



なんでバスケットだったんだろう?

なんでこの高校に入ったんだろう?

万事そんな感じで人生を決めてきた。

そう意味もなく。でもおかげで、

いろいろな人に出会うことができた。

人生を学ぶには、バスケットはいい競技だと思う。 人生の縮図だ。 親の私が勧めたわけではないのだが、 子供たちも全員バスケをやっている。 確かに技術も教えてきた。でも、本当に教えたいことは、 バスケを通じて、人間関係だったり、 勝利という目標に向かっていく上でのメンタル面だったり、 人間形成に必要なことだと思う。

バスケットを指導するにあたって大切なことは 「信念と哲学である。」と思っている。 わけあって、現在は指導してはいないのだが・・。

人生思い通りにはならない。

そんな時は、今自分がやるべきことを考え、行動する。

シュートが入らない。

頭をかしげて、「おかしいなあ。」みたいな顔をする。

入らないなら、リバウンドに行けばいいじゃないか。 リバウンドシュートで決めればいいじゃないか。

誰もが勝ちたい。でも、簡単に勝てない。

それは、結果にこだわるから、 そのプロセスを大切だと思えないのではないか。

目標を達成することより、プロセスが大切なのだ。 自分がどう思い、どう取り組んだか。

自分が一番評価できるだろう。 自分には嘘がつけないから。

そうすれば、負けたとしても次に進む為の プロセスなのだと思えるはず。

バスケットでも、仕事でも、人生でも、 「信念と哲学」が必要である。

はじめは思い込みや錯覚ではじまるのかもしれない。 経験を積み、頭も心も成長していくことで、 「信念と哲学」が形成されていくのだ。

しかし、それが死ぬまで「完成」されることはない。

生きていることは、「プロセス」なのだから・・・。

今の悩みや迷いは、決して無駄ではないと私は信じたい。

何が言いたいの。だね。決して酔っていないよ。

明日、今日よりちょっとがんばろう。かな・・・。

ああ、それより、ラーメンが食べたい。

2007/09/21 12:01|ひとりごと日記TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/8-d075469e
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。