バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
不器用であることを恥じる必要はないと思います。

不器用であることを自覚して、

研究することこそ大切だと考えています。




不器用な人間は苦労します。

でもその分、得るものも時に大きいものです。

中学時代の2回目のエピソードを書きましょう。

中学1年、初心者で不器用な私に指導してくれた

保健体育の先生とはその後1年間にわたり

昼休み練習を続けました。

しかし、2年進級の春に終わることになります。

私の家の都合で転校することになったためです。

最後に先生が私にこう言いました。

「いいか。お前は、背が高いんだ。それを活かせ。

 リバウンドをがんばるんだ。リバウンドしてシュート。

 ドリブルも、パスもいらない。取ってシュートだ。がんばれ。」

1年も練習してましたから、少しは上達していましたけど、

同じ時にはじめた同級生はもっとうまくなっていました。

当然、新しい中学へ行っても下手な方の選手でした。

転校先の中学は前よりも強いチームです。

私の技術では、ついていけそうもありませんでした。

顧問の先生がこう言います。

「お前はリバウンドをがんばれ。それだけでいい。」

あの先生の言ったことと同じだ。

私の頭にはリバウンド取るということしかなくなりました。

ここから、リバウンドを取るための研究が始まります。

本屋で立ち読みし、シュートを打った反対側に70%の

確率でリバウンドが落ちるという言葉を見つけます。

落ちるところが判ればリバウンドは取りやすいと

気づくことになります。

そして、練習や試合の時に、どこへリバウンドが落ちるのか

観察するようになりました。

リバウンドボールはシュートする人によって

落ちる場所や落ち方が違うということがわかりました。

そのころから、その日気づいたことをノートに書くようになります。

運動オンチでも、不器用でも、この背の高さと

どこへ落ちるかの読みがあればリバウンドを取れる。

そう気づいても、やはり不器用な私には努力が必要です。

前の中学のように昼休み練習はできません。

そこで、夜に家の前で練習するようになりました。

コンクリートの電柱にシュートして、それを取る。

これが、非常にむずかしいのです。

電柱は円柱状です。まっすぐに当たらなければ、

まっすぐに跳ね返ってきません。

結果的に、まっすぐ当てることでシュートの精度がアップし、

左右にブレればリバウンドの読みと対応能力を

アップさせることになりました。

私のこの原動力はどこからきたのでしょうか。

転校した中学でバスケット部に入部した時のこと、

私を見た部員達は、明らかに期待したまなざしで

見ていました。当然、私が一番の長身だからです。

そして、練習が始まったとたん、ため息と失笑に変わります。

本当に下手でしたから・・・。

「恥ずかしい」と私は初めてそう思いました。

しかし、その思いが人間を進歩させるものだと思うのです。

研究し努力する心が目覚めた瞬間でした。

2008/05/27 12:13|指導論TB:0CM:2
★キキさん★
うちの子は、おとなしく見えるということもあってキキさんとは反対です。「こんな子にバスケできるの?」って思われるらしいです。でも、その方が意外性があって相手のショックは大きいようです。オーストラリアの中学校に入ってしばらくは、昼休みにみんながやっているバスケを見ていたみたいですが、誰もうちの子供たちがバスケができるって思わなかったようで誘ってもらえなかったらしいです。体育の時間にバスケをして「バスケできるじゃん」って知ってもらったみたいで、それから昼休みは毎日バスケをやっているようです。なんか相手は毎回「バスケを習っている大きな子」を連れてきてリベンジしてくるけどって言ってました。韓国、中国、日本チームVSオーストラリアチームらしいです。今のところはアジアチームの圧勝みたいですよ。
MARINA #79D/WHSg|2008/05/27(火) 19:38 [ 編集 ]
●マリナさん●
スポーツには国境はないんですよね。韓国、中国、日本の合同チームで対戦しているわけですね。ホント楽しそうです。東京の大学でプレーをはじめた時は、バスケに違いにびっくりしたものですが、国際的なバスケの違いは、感じませんか。息子さんに聞いてみてください。見ているのと、やるのとでは感覚が違うと思うのです。
キキ #79D/WHSg|2008/05/27(火) 22:21 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/84-b0da8046
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。