バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
バスケットの試合で、互角又は上位のチームとの戦いでは、

接戦が想定されます。




互いのミスで得点が競る接戦は本来、いい試合ではありません。

お互いが個々のプレーで競い合い、

手の抜けない緊張感のある試合の展開こそが

バスケットの醍醐味であると考えるのです。

それには、心理戦、気持ちの上での競い合いが互角で

接戦になった時こそ、充実感のある試合となります。

 チームの指導者としては、得点差をつけて勝つことが

理想の試合運びと言えるかもしれません。

ですから、自チームの戦力を分析し試行錯誤しながら

最大限の力を発揮し、相手をねじ伏せるのが

理想的な戦い方と言えるでしょう。

 しかし、相手も必死ですから、そううまくはいきません。

そして、勝負を決するのは、イージーミスです。

ノーマークのゴール下のシュートを落としたり、

相手にパスして、ターンオーバーされたり、

基本的なプレーのミスが致命傷となるのです。

それは、二つのスタミナ切れから起こると考えます。

体力的なスタミナ、精神的なスタミナの二つです。

このどちらが切れると安定した技術が

発揮できなくなると考えるからです。

特に、精神的なスタミナが切れると、

体力的スタミナもすぐに切れて、相手に叩き込まれます。

精神的なスタミナをどう使うかも重要です。

最初から最後まで、精神的に頑張りきるのは

むずかしいものです。

ここ一番で頑張り、精神的スタミナを使う場面では

ルーズボール、リバウンド、ディフェンスを

がんばるように指示をだすことで、

集中力、前向きな気持ち、チームの団結を促し

接戦に勝利することができるとチャンスをつくれると思います。

接戦を戦いきるためにはこの3つが大切です。

指示を出してもこの3つをがんばれないのは、

すでに精神的なスタミナが切れているからです。

日ごろの練習で、集中力が切れかかっている時に

リバウンドやルーズボールの練習をしたり、

上位チームとの練習試合で、リバウンドやルーズボール、

ディフェンスを頑張ることで、得点で負けても、

個々のプレーでの競り合いを互角に戦えるように

訓練することが大切だと思います。

スコアでこれらの本数を取り、選手にフィードバックしたり、

試合の前に目標本数を設定したりして、

これらが戦いに重要であることを認識させておくことが大切であり、

接戦を戦いきる為の方法であると考えます。

2008/05/27 11:18|勝利哲学論TB:0CM:0
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/85-9cc9afb8
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。