バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
試合おけるシュートの成功率は約50%と

考えていい。




練習でいかに試合に近いディフェンスでシュートを

打つ状況をつくることが試合の成功率を上げることに

つながると考える。

むしろ練習でのシュート成功率が低い場合は試合での

シュート成功率は50%以下であると断言できる。

試合でのシュート成功率を上げる方法は、

メンタル強化というよりも、場慣れである。

いかに厳しい状況でシュートを打つことで、

そして決めることで、「平常心」でシュートが打てる

ようになると思うのである。

              ・

たとえば、試合で5本連続外したとする。

その場合、50%の成功率にするには、

5本連続決めればいいだけのことである。

そんな開き直りが必要である。

「また外した。」とか「5本連続外した」とか、

悲壮感ただようような精神状態だと、

シュートは、外れ続けるだけである。

シュートが外れると思ったら、自分でリバウンドにいく

そして決めれば、これでも成功率50%である。

              ・

とはいえ、シュートが決まらないと

モチベーションは上がりにくい。

そんな時は、確率の高いシュートを選択する。

また、ファールを誘うプレーをして、フリースローを獲得する。

フリースローでシュートをチェックし、シュート感覚を上げる。

シュートにこだわりすぎてしまうと、

それで試合が終わってしまうので、短時間で気持ちを

切り替えるきっかけを自分で持つことが必要である。

2008/06/21 08:56|シュート・スキルTB:0CM:2
娘小6・小3の二人がミニバスケをやってます。
いままでコメしてませんが、たまに記事読ませてもらってます。参考にさせてもらってますよ。
野球ならいくらでも教えられるのですが・・・
今日は地元区の大会です。
応援いきます。
野球小僧 #79D/WHSg|2008/06/22(日) 05:28 [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
こちらも地区大会です。わが娘のチームは負けてしまいました。男子チームの準決勝を見に行きます。応援頑張ってください。
キキ #79D/WHSg|2008/06/22(日) 09:52 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://kikibasket.blog59.fc2.com/tb.php/93-69101974
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。