バスケットのちから~籠球論語~

バスケットボールの理論・知識・哲学・技術を独自の見解で紹介します。

カテゴリ


プロフィール

kiki

Author:kiki
kiki(キキ)です。
高校時代は能代工業、京北高校、
土浦日大、明大中野高校、等々
東日本の全国区のチームと対戦!
その経験から得たバスケットボール
の見解を紹介します。


ランキング

↓ここをクリック!ランキングアップ!
(にほんブログ村)
にほんブログ村 その他スポーツブログ バスケットボールへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
(人気ブログランキング)

FC2ブログランキング


アクセスカウンター


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:


リンク

このブログをリンクに追加する


最新コメント


最新記事


最新トラックバック


検索フォーム


こころの言葉


Google AdSence


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
試合では練習でできたことしか上手くいかない。

いかに練習において、いろいろな状況をつくり

できることをふやしていくのかということが

大切であるということは言うまでもない。

▽続きを読む▽
2009/02/28 21:01|オフェンススキルTB:0CM:2
オフェンスに関して小さなことではあるけれど

大変重要であり大きな成果へと結びつくことを考えたい。

 ・小さなことをないがしろにしない。

 ・ファンダメンタル

 ・努力、一度で諦めないこと。

以上のことが大切になってくると考える。

状況を打破するにはチームとして狙いが必要である。

主にパスを中心に考える。

▽続きを読む▽
2009/02/26 19:56|オフェンススキルTB:0CM:2
チームの攻撃スタイルを決定するには

選手の能力を分析し評価した上で

使いたいと考えている攻撃パターンと

適合するかを検討しなければならない。

▽続きを読む▽
2009/02/17 19:27|オフェンススキルTB:0CM:2
自分がボールを持ちドリブルをはじめた時、

ディフェンスはダブルチームを仕掛けてくる。

相手の狙いを知ろうといなければいけないでしょう。

そして、相手の狙いの逆をつくことが必要です。


▽続きを読む▽
2008/11/28 21:21|オフェンススキルTB:0CM:0
ディフェンスのトラップとして、しばしばダブルチームを

仕掛けられます。

どうせれば突破できるのでしょう。

先日娘からもたずねられました。

娘の場合はドルブルがまだまだ未熟で、

ボールから目が離れないことも問題なのですが・・・


▽続きを読む▽
2008/11/27 19:22|オフェンススキルTB:0CM:5
オフェンスの基本原則について考えましょう。



▽続きを読む▽
2008/10/16 21:39|オフェンススキルTB:0CM:0
久々の更新です。

オフェンスを考える時に何を基本原則にするかを考えてみよう。

 

▽続きを読む▽
2008/10/10 21:32|オフェンススキルTB:0CM:0
攻撃の本来のかたちは

「やぶる」 「つく」 「打つ」ということになる。

つまり、「やぶって→ついて→シュート」ということである。

これが一連の攻撃プレーと言える。


▽続きを読む▽
2008/10/01 21:19|オフェンススキルTB:0CM:2
オフェンスの基本はやはり1対1ですね。

そして、周りがどう「合わせ」るかということです。



▽続きを読む▽
2008/08/01 09:51|オフェンススキルTB:0CM:0
個人攻撃の成功を勝ち取るためには、

いくつかの基本的原則を実行しなければならない。



▽続きを読む▽
2008/07/16 11:21|オフェンススキルTB:0CM:2
考えてみるとオフェンス中でさえ、

ボールに触れている時間はほとんどない。



▽続きを読む▽
2008/02/22 10:00|オフェンススキルTB:0CM:1
東日本大震災のお見舞い

東日本大震災で被災された方々に 心よりお見舞い申し上げます。


ナイスシュート

image111.jpg


amazon


amazon DVD


amazon バスケグッズ


Copyright(C) 2008 All Rights Reserved. バスケットのちから~籠球論語~
Powered by FC2ブログ.  JavaScript by LostTechnology. template designed by 遥かなるわらしべ長者への軌跡.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。